そろそろ書店に並ぶはず

もうそろそろ書店でも並んでいるはずです。
いわゆるひとつの強い女祭です。
どういうわけか最強の女能力者を決めるチェンジリング・オリンピックの標的に、屍地区のシン所長が選ばれます。早い話が殺しの標的です。護衛を任された、腹に地獄を持つ女、乾月(ふづき)とその愉快な仲間は、迫り来る能力者の殺し屋たちと戦いまくることになるのですが……。
読んで欲しい、と心から思う牧野でした。




苦笑の楽園

牧野修のにがわらいの日々。

0コメント

  • 1000 / 1000